ぷちプチリフォーム(スイッチ交換編)

 今回、家の全ての壁スイッチを、松下電工「フルカラー・モダンプレート」から同じく「コスモシリーズワイド21」に変更しました。調子が悪くなった給湯器を交換したのを機に、なんとなく「プチリフォーム」願望が頭をもたげたからかしら。(家人には「もっと大事なことあるやろ!」とバカにされつつ)
 浴室換気扇タイマー、トイレ換気扇タイマーをメインに、壁スイッチをすべてコスモシリーズ(ほたるスイッチ)に変更しました。コスモシリーズを選んだのは、マンションが「コスモ○○○○○」だからかも?!
 交換したいと思っている方の参考になるかと、交換の様子や施工後の写真をアップしてみました。手抜きで作ったので1ページが巨大になっており、ダウンロードに時間がかかるかもしれません。ご容赦ください。(2004/4/24, 2004/5/8追加 ,2004/5/28「弱点」追加

重要:今回の交換作業には電気工事士の資格が必要です。

[ホーム][相談室][パパ][ページトップ][戻る]

【これまでのぷちプチリフォーム】

←中古マンションで、入居時はすべてのスイッチ、コンセントが松下電工「フルカラー・BLプレート」でした。

それ以前の、「ハイ角」(卵色プレートにコーヒー色スイッチ)より遥かに洗練されていますが、ネジが表面に出ていること、極端にスクエアであることが今風ではありません。(ツートンカラーはオシャレ?)

このため、入居後間もなく、すべてのスイッチ、コンセントのパネルを左下の「フルカラー・モダンプレート」に変更しました。

この交換作業は電気工事を伴わないので誰でもでき、プレートも100円前後と安いので、全40箇所交換しても5,000円程度ですみ、見栄えは格段によくなり大変お勧めです!(私見)

松下電工「フルカラー・モダンプレート」。その名の通り、モダーンだと思います。

しかし、時代は進んでおり、松下電工は「コスモシリーズワイド21」なるオシャレで機能的なスイッチ系列を生み出していました。そういえば、友人のマンションで見たのを思い出した...

【今回のぷちプチリフォーム】

まずは、浴室換気扇とトイレ換気扇(ともに今まではパイロット付き)をタイマー付きにしたいと考えました。

最初は「フルカラー」のバリエーションで考えていたのですが、「コスモシリーズワイド21」を見つけてすっかり気に入ってしまいました。

参考:松下電工「電設資材カタログ」

やるぞー!って決めたのですが、さて「コスモシリーズ」は何処に売っているのだろう?と家電量販店「ミドリ電化」や「ヨドバシ」、ホームセンター「コーナン」などに行ってみましたが、メジャーなプラパック製品は置いているものの、タイマー系などの機能スイッチは見当たりません。

ネットで探してもなかなか扱っているところはありません。

そんな中で、ズバリ目的の品番でヒットしたのが、「電げっと」さんです。欲しかったコスモシリーズがすべて取り扱い商品に入っています。しかも全品20%OFF。(欲を言えば30%OFFならなお良し)

参考:「電げっと」さんのホームページ
    「電げっと」さんの旧掲示板
    「電げっと」さんの新掲示板

照明用スイッチ+浴室換気扇スイッチ
 上スイッチのラベルは付属の「照明」。
←照明用スイッチ+トイレ換気扇スイッチ
 上スイッチのラベルは、プリンタで印刷した「トイレ」に取り替えています。サイズは24.5mm×9.8mmくらいでOK。自由に作れます。


この二つだけを交換しようかと思っていたのですが、「電げっと」さんは税抜10,000円以上で送料無料になるので、目に付きやすい、廊下にあるスイッチを全部交換することにしました。

本当は、廊下の中央にある玄関は「かってにスイッチ」にしたかったのですが、我が家の廊下は3箇所で入切できる回路(4路+3路スイッチ)になっているのであきらめました。
←スイッチ単体+ハンドル+絶縁タイプ取付枠

上の二つはアッセンブリ商品ですが、シンプルなスイッチは単体+ハンドル(表面の押す部分)+取付枠が別々になっています。

【今回の購入商品リスト】
1) WTC53946W/浴室換気専用スイッチ × 1
2) WTC54726W/照明用+トイレ換気扇スイッチ × 1
3) WT5054/埋込ほたるスイッチ表示付4路 × 1
4) WT5052/埋込ほたるスイッチ表示付3路 × 2
5) WT5051/埋込ほたるスイッチ表示付片切 × 1
6) WT3021W/ハンドルネームなしシングル × 4
7) WT3710K/スイッチ絶縁取付枠 × 4
8) WTC7101W/ラウンドスイッチプレート1連 × 6
合計税込 12,197円 + 送金手数料 105円
←取付枠にスイッチをはめるだけで取付できます。フルカラーのときは、枠にスイッチをはめてドライバで枠の金属をこじて固定する必要がありました。

絶縁タイプの取付枠を使っているのは、深い意味はありません。今回4つしか要らないのに、金属枠は20個単位の商品しかないためです。
←ハンドルまでつけるとこんな感じ。
でも、結局ハンドルは施工時に外す必要があるので、この時点でつけるべきではありません。


【電げっとさんとの取引】
4/20 1:17AM ネットで注文、自動メール返信
4/20 代金と納期のメール返信
4/20 ネットで送金(同一行3万円以下、手数料105円)
4/21 入金確認メール返信
4/22 商品発送メール返信
4/23 商品到着
※ 迅速、丁寧、人間らしさあり、で好感が持てます!
※ 商品代金以外の費用はネット送金105円のみ!

[ホーム][掲示板][パパ][ページトップ][戻る]

【いよいよ施工です】
電気工事士資格を持つ父親の監修のもとに作業を行いました。

←フルカラー・モダンプレートの下部にドラバを差し込み、プレートを外します。(実は、こうするより手で左右に押して持ち上げる方が外しやすい、と私は思います)

↑プレート枠のネジを外します。

↑取付枠のネジを外します。

↑「配線外し穴」にマイナスドライバを差し、配線を外します。
活線で作業をしますので、すべての線を先には外さず、1本ずつ旧から新スイッチに移し変えるのがショート、感電、配線間違いを防止する意味で良いと思います。
まずは、電源の渡り線から。

↑外した電源の渡り線を新スイッチにセットします。
タイマー付き機能スイッチは奥行きが大きいので、後ろを線が通るとスイッチボックスに収まらなくなります。横も狭いですが、横を通す必要があります。

↑照明用配線「白」をつなぎ変えます。

↑換気扇要配線「赤」をつなぎ変えます。

↑最後に電源線「黒」をつなぎ変えます。これで動作する状態です。

↑スイッチの後ろを線が通らないよう、また、スイッチボックスに収まるように線をさばいて取り付けの準備をします。(かなり下手くそ!)

[ホーム][掲示板][パパ][ページトップ][戻る]


↑取付枠を固定します。ハンドルを外すと換気扇停止までの時間を調整するダイヤルを操作できます。

↑ハンドルを取り付けます。位置を合わせて左側を奥へ押し、カチッとはめた後、右側を奥へ押せば完了です。外すときは逆順です。

↑プレート枠をネジで取り付けます。ハンドルのシールは傷を防ぐためのものなので施工完了まではがさないこと!

↑プレートの外枠をはめ込んで取付完了。なかなか美しい。

↑ハンドルのシールをはがしました。「トイレ」の文字はプリンタで自作です。照明、換気扇とも「ホタル」タイプなので、現在照明はOFF、換気扇はONです。

↑こちらは、シングルタイプの単純スイッチ。全面スイッチ!です。今回は、片切1つ、3路2つ、4路1つの合計4個です。

↑こちらは浴室換気扇スイッチです。照明スイッチ(自作「お風呂」ラベル)は「ホタル」、換気扇スイッチは「パイロット」です。現在は、照明、換気扇ともON状態です。換気扇の動作時間は前面で2時間、4時間、連続に変更できます。

↑6箇所のスイッチを交換しました。家族の評判がよければ他のスイッチも交換しようかな。ちなみに家族の評判は、

・長男: うっほー、ハイテク〜!
ゆうじろう:んふっ(喜)、カチカチカチ(触りまくり)
・長女:こんなの、うちじゃな〜い
・女房:もっと大事なことあるやろ!


廊下への設置状況です。「ホタル」状態が分かるように暗めの写真にしています。
左手前が「トイレ照明+換気扇」、中央あたりが、「廊下白熱灯の4路スイッチ」です。
(以上 2004/4/24)

[ホーム][掲示板][パパ][ページトップ][戻る]

【ぷちプチリフォーム追加編】 (2004/5/8)
廊下のスイッチの変更は家族に評判が良かった
(致命的なクレームはなかった)ので、
残りの壁スイッチもすべて交換することにしました。
コンセントはフルカラーとあまり違いを感じない
ので交換しません。

残りの部分は、標準的なスイッチ(片切りの
シングルまたはダブル)なので、松下電工が
出している「商パック」というプラパック入りの
吊り下げ商品を利用することにしました。
ただし、個別にパーツ集めるより90円高い!
ヨドバシウメダで20%OFFで売ってます。
↓の2連プレートは売ってなかったので、
ミドリ電化パーツセンターで購入しました。
∴商パックのプレートは2枚余ります。

【購入商品】
WTP 50511WP(プレート付きシングル) × 4
WTP 50512WP(プレート付きダブル) × 2
WTC7102W(2連ラウンドプレート) × 1

今回のぜ〜んぶの投資額は17,972円、高い?
先に施工したスイッチは
ネームなしにしていましたが、
1つのプレートに4つのスイッチが
つく場所もあり、今回買った
スイッチはすべてネーム付きにして
公共性の高い?廊下を中心に
ネーム付きに入れ替えました。

1つしかスイッチがない各部屋に
ネームなしハンドルを使いました。

クリアハンドルというミント調の
オシャレなものも出ているのですが
我が家のクロスには浮いてしまい
そうなので止めました。

←ネームはプリンタで簡単に作れる
のですが、白に墨字だけでは能が
ないので、ミントのグラデーションと
ドロップシャドウをつけてみました。
どう? いけてる?

これだけ並ぶとネームの意味があるかな?
「ほたる」は照明が消えているときに点るので
どうも感覚が逆で慣れないという家族の意見。


結局、先に施工した廊下のスイッチを
全部ネーム付きに入れ替えました。
(2004/5/8)

コスモシリーズワイド21の弱点(2004/5/28)

そんな、こんなで気に入っているコスモシリーズ
ですが、メーカの宣伝の仕方にはちょっと疑問を
感じるところがあります。

『バリアフリーデザイン。
●ネームスペースを現行品よりひとまわり拡大。
 文字サイズも大きくし、高齢時代にもよりやさしく
 見えるよう設計しています。
●目の不自由な方のために凸点をつけるなど、
 より多くの方に使いやすいよう配慮しています。』

とありますが、目の不自由な方にとっての
一番の弱点は、コスモシリーズが、ON/OFFとも
スイッチの同じ場所を押すという操作であり、
ハンドルの状態ではONかOFFかの状態を、
旧来のシーソー式のように判断できないことです。
つまり、目の不自由な方は、触ってもスイッチが
入っているかどうかを判断できないわけです。

このことは、視覚障害のある父親と話をしていて
気が付きました。それまで気が付かず、うかつ
でした。

照明であれば、光を感じられる方なら状態は
分かると言われるかもしれませんが、
トイレや門灯など点灯を直接見て確認しにくい
ものもあります。また、照明以外のスイッチも
あります。光を感じられない方も、自分以外の
人や自分のためにスイッチを操作されます。

全ての場合ではありませんが、このように
シーソー式でないスイッチは、視覚障害の方に
非常に「バリア」になる可能性があります。

メーカは「バリアフリー」を謳うだけではなく、
特定のケースでは、使用に難があり、「バリア」に
成り得るので、採用するかどうかは慎重に検討
すべき、ということを伝えて欲しいと思います。
それがメーカの誠実さではないでしょうか。



参考:3路回路



階段の上下など2箇所での入切に対応できます。
通常3芯のVAでスイッチ間を赤、白、
電源・負荷を黒で配線します。



参考:4路回路



3箇所での入切ができます。4路スイッチを追加
すれば、さらに多くの箇所での入切が可能です。
考えついた人は天才だと思います。

なお、電気全般に明るくなく、上の説明もサッパリという方は真似をしないでください。ショートさせてブレーカーを落とすくらいならまだいいですが、感電したりすると洒落になりません。また、誤った工事が原因で火事になる可能性もあります。
上記作業を行うには電気工事士の資格が必要です。

[ホーム][相談室][パパ][ページトップ][戻る]