ふすま同窓会 本文へジャンプ
ティーデマン・ふすま賞について

 現行の「ティーデマン・ふすま賞」は、山形高等学校のドイツ語担当として招聘されたドイツ人教師Hans Tiedemann先生(写真下)を顕彰した「ティーデマン賞」に始まります。
 ティーデマン先生は、生徒たちに敬愛されながら大正10年から昭和6年まで教壇に立ちました。
 先生は、山形の風土、とりわけ山寺を「もし、自分が死んだら骨の一部を山寺に埋めてくれるように」といわしめるほどほど愛していました。
 山形高等学校第1回卒でふすま同窓会山形支部長であった故篠田秀男氏(篠田病院長)は、昭和32年にミュンヘンでティーデマン先生と旧交をあたためた際、「わたしが美しいこの世を去ったら、平和な山寺のどこか片隅へ小さな粗末な記念の石を置いて、そのそばにあなたに送った種から生えた白樺を一本植えて欲しい」という書状とともに白樺の種を託された。
 帰国後、篠田氏は三輪田輪三初代校長はじめ、恩師・同窓の有志を誘い、宝珠山立石寺の根本中堂の脇に山寺石を置いた記念碑を建立しました。残念ながらティーデマン先生は、昭和33年5月の除幕式を待たずに同年4月。74歳の生涯を終えました。

↑平成24年9月の碑供養寸景


 いま、白樺の繁みに覆われた記念碑は、立石寺の清原浄田貫主によって守られ、9月29日の先生の誕生日を中心に同窓会で供養を行っています。
 昭和34年、篠田氏らは「ティーデマン委員会」を組織、山形大学文理学部(現在は人文学部、理学部)の学生を対象に、「日独文化」に関する優秀な公募論文に与える「ティーデマン賞」を創設しました。初年度は該当論文がなかったため、公募対象を同窓生にも拡大し、昭和35年10月、山寺記念碑前で第1回授賞式が行われました。
 ティーデマン賞は、昭和58年、20回を終えたところで主宰者である篠田氏の死去により中断しました。その後、復活を望む声が大きく、昭和62年、ふすま同窓会が直接主宰する「ティーデマン・ふすま賞」に衣更えしました。論文のテーマも学生・院生にかぎり日独文化の枠をはずしました(平成17年から学位論文は除外)。
 大戦の混乱と国境を越えた師弟のあたたかい交流を秘めたティーデマン・ふすま賞は、賞金は些少であるが、同窓会と若い校友を結ぶ絆として有意義であると自負しています。
 応募の締め切りは、毎年8月31日です。




◎ティーデマン・ふすま賞委員会
  委 員 長   野 村 一 芳 ( 同窓会長 )
  選考委員長  玉 手 英 利 ( 理学部長 )
  選考委員    清 塚 邦 彦 ( 人文学部長 )
  選考委員    渡 辺 将 尚 ( 人文25回 )
  選考委員    岩 田 尚 能 ( 理  21回 )

◎ティーデマン賞受賞者(延べ受賞者24人)
第1回:昭和35年10月16日、山寺記念碑、小片 保(山高理乙、新潟大学医学部教授)、紺谷友昭(文理哲学2年)
第2回:37年10月6日、大学構内山高記念碑、高階勝義(文理哲学3年)
第3回:39年9月29日、山寺記念碑、伊勢 宏(文理哲学3年)
第4回:40年9月29日、山寺記念碑、大場義継(文理哲学3年)
第5回:41年11月24日、大学会館、伊藤貢士(文理独文4年)、鈴木宣則(文理法律4年)
第6回:42年10月5日、山高記念碑、草刈 浩(文理経済3年)、
第7回:43年10月16日、山高記念碑、外山正芳(文理法律4年)
第8回:44年11月15日、人文学部会議室、森谷義信(文理経済4年)
第9回:45年10月3日:山寺記念碑、佐藤通次(山高文甲1回、皇學館大學教授)
第10回:47年10月10日、山寺記念碑、斎藤なお子(人文哲学4年)
第11回:49年10月10日、山寺記念碑、水野浩二(人文哲学4年)
第12回:50年11月3日、山寺記念碑、佐藤俊一(人文独文2回、北大助手)
第13回:51年10月2日、山寺記念碑、木戸 裕(人文独文2回、東北大院生)
第14回:52年11月3日、山寺記念碑、松山雄三(人文独文3回、東北薬科大講師)
第15回:53年11月3日、山寺記念碑、工藤康弘(人文独文4年)
第16回:54年10月10日、山寺記念碑、大貫与四夫(人文哲学9回)
第17回:55年10月4日、山寺記念碑、尾関文二郎(山形大学名誉教授)・石井依子(人文史学9回、お茶の水女子大院生)
第18回:56年10月11日、山寺記念碑(在日ドイツ大使館2書記官臨席)、小坂光一(文理独文16回、名古屋大助教授)、高橋深雪(人文独文4年)
第19回:57年10月3日、山寺記念碑、山中英一(人文法律11回、山形県職員)
第20回:58年10月13日、山寺記念碑、前山総一郎(人文史学13回、東北大院生)

◎ティーデマン・ふすま賞受賞者(延べ受賞者27人、3グループ、通算51人、3グループ)
第1回(通算21回):昭和63年3月26日、最上英明(人文独文12回)
第2回(通算22回):平成元年6月3日、総会、渡辺 薫(人文法律13回)
第3回(通算23回):2年6月9日、総会、江尻 潔(人文哲学20回、専攻科)
第4回(通算24回):3年6月15日、総会、杉山朋子・高橋道子(人文経済20回、共同研究)
第5回:(通算25回):4年5月30日、総会、金藤晃一(人文史学22回)
第6回(通算26回):5年5月22日、総会、田口登志江(院理学研究科5年修了)
第7回(通算27回):7年10月14日、75年記念祭、理学部樹氷研究グループ(代表、阿部博之(院理学研究科7年修了))
第8回(通算28回):8年10月12日、ふすまの夕べ
 庄司祐一・杉 健・前原啓一(人文学部日本経済史ゼミ共同研究、人文経済26回)
第9回(通算29回):9年10月24日、ふすまの日・ふすまの夕べ(以下、ふすまの日)、横山 哲(院理学研究科9年修了)
第10回(通算30回):10年10月16日、ふすまの日 小倉 徹(人文法学28回)、大村卓史(院理学研究科10年修了)
第11回(通算31回)、11年11月5日、ふすまの日 滝口克則(院社会文化システム研究科11年修了)、保科 亮(院理学研究科11年修了)
第12回(通算32回):12年12月2日,80年記念祭実行委員会、滝口 潤(院理学研究科12年修了)
第13回(通算33回):13年10月15日,ふすまの日 内藤弘明(人文総合政策学科31回)
第14回(通算34回):14年10月15日,ふすまの日 仁藤直子(人文人間文化学科32回)、戸谷成寿(院理工学研究科後期修了)
第15回(通算35回):15年10月22日,ふすまの日 高橋美和(人文人間文化学33回)、金山晋司(院理工学研究科後期課程15年修了)、渡辺俊彦(院理工学研究科後期課程15年修了)
第16回(通算36回):16年10月15日,ふすまの日 久道 理(院社会文化システム科16年修了)、大野 寛(院理学研究科3年修了)
第17回(通算37回):17年10月1日、ふすま同窓会館、米沢佳子(人文人間文化学35回)、賞雅朝子(理学地球環境学科35回、東大院在)
第18回(通算38回):18年10月28日、ふすまの日 齋藤喜和子(理学地球環境学科36回、理工学研究科後期在)
第19回(通算39回):19年10月19日、ふすまの日 大宮 愛(人文人間文化学科37回)、岸本祐二(院理工学研究科前期19年修了、後期課程在)、武部義宜(院理工学研究科前期19年修了、後期課程在)
第20回(通算40回):20年10月24日、ふすまの日 村田智慧(院理工学研究科修士論文)、伊吹 円(院理工学研究科修士論文)
第21回(通算41回):21年10月30日、ふすまの日 細谷友美(人文学部人間文化学科39回)、白石恭輔(院理工学研究科博士前期課程)、小鹿浩太(理学部地球環境学科39回)
第22回(通算42回):22年10月9日、ふすま同窓会90年記念祭 山口 亮(理工学研究科博士前期課程)、大泉 涼(理工学研究科博士前期課程)
第23回(通算43回):23年10月28日、ふすまの日 大竹智子(人文学部人間文化学科)、石田志保(社会文化システム研究科)、白戸亮吉(理工学研究科)
第24回(通算44回):24年10月26日、ふすまの日 郷内誠(社会文化システム研究科)、佐々木侑輝(理学部物理学科42回)
第25回(通算45回):25年10月19日、大学祭「八峰祭」・ホームカミングデー 園部祥(社会文化システム研究科)、高橋望(社会文化システム研究科)、五十公野裕也(理工学研究科博士後期課程)
第26回(通算46回):26年10月19日、大学祭「八峰祭」・ホームカミングデー 田中理沙(東北大大学院情報科学研究科博士課程)、小野健太(理工学研究科博士後期課程)、佐藤真美(理工学研究科博士前期課程修了)
第27回(通算46回):27年10月24日、同窓会95年記念祭・大学祭「八峰祭」・ホームカミングデー 銭 晟(東北大学大学院文学研究科博士後期課程)、布施京悟(社会文化システム研究科)、小島圭貴(理工学研究科博士前期課程)
第28回(通算47回):28年10月22日、大学祭「八峰祭」・ホームカミングデー 大内史生(社会文化システム研究科修了)、伊藤龍太朗(理工学研究科博士前期課程)、西 勇樹(理工学研究科博士後期課程)