性同一性障害

女性なのに、「自分は男なんだ、男性として生きたい」と考えたり、男性なのに「女として生きるべきだ」と確信する現象を「性同一性障害(GID:gender identity disorder,)」と呼びます。

性同一性障害とは

性同一性障害

性別は、男か女の2種類だと多くの人は考えます。しかし、性別には生物学的な性別(sex)と、自分の性別をどのように意識するのかという2つの側面があります。性別の自己意識あるいは自己認知をジェンダー・アイデンティティ(gender identity)といいます。 多くの場合、生物学的性別とるジェンダー・アイデンティティは一致しているため、性別にこのような2つの側面があることには気づきません。両者が一致しない場合を「性同一性障害」といいます。

性同一性障害でみられる症状

1. 自らの性別を嫌悪する
自分の性器が間違っている、成人になれば反対の性器を持つようになるであろうなどと主張したり、自分の性器はなかったらよかったのにと考えることもあります。
2. 反対の性別に対する同一感を抱く
自分の存在そのものを、自らのジェンダーと同一化したいと願い、反対の性別になりたいと強く望みます。そのために、反対の性別の服装(異性装)をしたり、反対の性別としての遊びを好みます。
3. 反対の性別としての役割を果たそうとする
日常生活の中でも反対の性別として行動したり、義務を果たしたり、家庭や職場、社会的人間関係でも、反対の性別として役割を果たそうとします。

性同一性障害の自費料金(※別途診察料)

男性ホルモン
注射薬
エナント酸テストステロン(250mg)
エナルモンデポー:1,940円
テストロンデポーS:1,510円
女性ホルモン
注射薬
[卵胞ホルモン]
吉草酸エストラジオール(10mg)
プロギノンデポー:1,300円
ペラニンデポー:1,300円 ⇒ 1,200円
[黄体ホルモン]
プロゲストンデポー(125mg):540円
内服薬
[卵胞ホルモン]
ジュリナ(エストラジオール)(0.5mg28錠):2,000円
プロセキソール(エチニルエストラジオール)(0.5mg100錠):4,000円
プレマリン(合成エストロゲン)(0.625mg28錠):1,000円
[黄体ホルモン]
メドロキシプロゲステロン(2.5mg100錠):1,000円
塗り薬
[卵胞ホルモン]
ルエストロジェル(1本80g):2,400円
ディビゲル(1mg28包):2,000円
貼り薬
[卵胞ホルモン]
エストラーナ(14枚):2,000円
分娩
妊娠検診
人工妊娠中絶
ピル・避妊
婦人科一般
生理について
性感染症
不妊症
ホルモン
プラセンタ
予防接種
性同一障害
発達障害の方とご家族の方へ
大阪市淀川区十三にある産婦人科、かわばたレディスクリニック

まずはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

TEL

[ 午前診 ] 10:00~13:00 [ 午後診 ] 16:30~19:30
[ 休診日 ] 日曜日・祝日(※水・土は午前診療のみ)