あれこれ、日々に感じたことを書いていきます。

過去のあれこれは下線のある番号から
      01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 最新

2024.07.20

あれこれ01073

油絵から離れて大分たち絵の具に触ることもなくなっているのですが、盛んに描いていたころ絵が描けてもパレットにまだ絵の具がある時、無駄に捨てることもないので、0号のキャンバスにこすりつけていました。そんな中の一枚です。
油絵具は重厚かつ強靭で粘っこいです。堂々として存在感のあるものに適していると思います。厚く盛り上げもできますし、筆やバレットナイフの動きも明確です。キャンバスの上で絵の具を混ぜて求める色に突き当れた時はうれしさもひときわです。使いこなすのは大変で苦労は多いものの、よく出来たときの喜びも大きい素材だったと思います。
そんな気に入っていた素材から離れたのは、油を使うので準備や後片付けに手間がかかりますし、臭いも相当なもので、加齢とともにめんどくさくなってきたからでしょうね。


2024.07.15

あれこれ01072

B1のパネルに和紙を張って墨で描いています。今年の春の上野公園で行き来している人々を撮影しましたが、それらの人々を組み合わせて絵にしました。
インバウンド復活で外人は多いですが、日本人も多くて賑やかでした。マスクの人も少なく平常モードに戻っていますね。


2024.07.10

あれこれ01071

2.1m×1mの大きさです。B1のパネルに和紙を張って3枚つなぎで墨で描いています。墨はひじょうに薄く重ね塗りで濃くします。重ねが多いほど黒くなっていきます。それでもぼんやりとして柔らかい感じにとどまり強い印象は残りません。じっくり味わってください。という絵なのです。


2024.07.05

あれこれ01070

真鶴は石の産地でもあるので、あちこちに石垣やかなり大きな石を組み上げて土留めにしているのが良く見られます。
画像は旧道沿いにある廃ミカン畑ですね。根こそぎにしているのでしょう、わずかに残されたミカンの木が左端に見えますが他は草が生い茂るばかりです。ゆったりとした勾配の場所で石の積み方も、くず石を集めてきて適当に積んだような気がします。肝心な根元は大きめの石で、上っ面はちいさな石で積んでいるように見えるので実はなかなか工夫されたものだったりというような気もします。


2024.07.01

あれこれ01069

石光眞清(1868-1942)氏の著作3冊を図書館の戦記やドキュメンタリーの棚で発見、古い本ですが閉架に置いていたのを開架に持ち出したようです。固表紙で目につきました。
画像は上が眞清氏で下が弟の真臣氏です。日清戦争の出発前に撮影した写真のトレースです。

弟は砲兵中将まで進級していますが、本人は、日露戦争前にシベリアと満州で諜報活動をするのに軍籍を離れたので少佐どまりです。
日清戦争時は近衛師団歩兵第二連隊第三中隊の小隊長で中尉で初陣でしたが、後方の予備師団で戦闘はしないまま、割譲後の台湾に守備のため派遣されます。ところが台湾の清軍は降伏しなかったので、そこが初陣になりました。
木こり道を辿っていった基隆川沿いの村落に早朝攻め込みます。第二中隊は予備で待機し、まず第一中隊が、ついで第三中隊が攻撃開始です。作者は、突撃の機会をうかがいますが、目の先が暗くなり、耳までが遠くなって小銃の音さえが良く聞こえなくなったそうです。じっとしていられませんから、大声を出し一直線に村落に飛び込み中央の道路を駆け抜けついてきた部下を基隆川岸に展開させ射撃させたそうです。一時間の白兵戦で清軍が逃げて終了しました。
茫然としていたところで第二中隊長から声をかけられ、左手にお守りを右手に小銃の掃除棒を握りしめていたのに気づいたそうです。
初陣で動転し冷静さがなくなっていたのでしょうね。それでも、部下を失うことなく戦闘に加わり勝利を得ているので大したものです。動転したさまをしっかり述べているのにも感心しました。


2024.06.25

あれこれ01068

若い頃描いたF8の油絵です。

背景の灰色の壁の暗部をバレットナイフで削り落として変化をつけるやり方をしているのは初心者のやり方ではありませんから、油絵の具の使い方も手探り状態だったのが、だんだんと身についてきたころでしょうね。

自宅の居間の角に飾っていた薔薇で、壁を灰色に変えたり、台の真ん中の花瓶もカーテンに近づけたりとか構成にも気を配っていたんだなぁと思います。


2024.06.20

あれこれ01067

前回で箱根の写生会の話を書きましたが、その時の箱根は強羅での絵です。30号で現場で描くにはかなり大きいと思います。そこに魅力があるとは考えられない草草を描いているのですから作者はかなり変な人ですね。我がことながらそう思います。
人の目はその人の思いで強調したり省略したりして見ているようで、機械の目で撮った写真とは印象が違いますが、今は映像が周りに溢れていますから、何かを思い浮かべるときに自分の目で見たものよりも写真や動画でみたものの印象が先に出てくると思います。映像の形が真実になっている時代なのだと思います。
このような力足らずの写生画は時代遅れだなのでしょうね。


2024.06.15

あれこれ01066

小生の写生は現場主義です。ひたすら対象を見つめて正確に写し取ろうと努めます。思うようにはならないのが辛いところです。ここは真鶴の番場浦、江戸城築城に石を切り出したところだそうです。奥に切り立った面が見え、そこに行く階段や道筋がお判りいただけるでしょうか。
夏合宿に箱根に行ったことがあります。濃い緑ばかりで写生地が見つからず草の群れているのを四苦八苦で描いていたのですが、切り立った崖と崖上の緑、荒れた海と岩などメリハリの利いた絵を描く人が目の前にイーゼルを立てあっという間に仕上げびっくりしました。しかも竹藪がメインだったような記憶ですがいつものような感じの絵になっているのです。実景を自分のイメージに変換して描いたのを目撃したわけです。目立つ絵でも好きになれない絵を描く人だなと思っていましたが、なるほど、彼は正確に写そうという気持ちがない。それだから好きになれないのだと腑に落ちたのです。


2024.06.10

あれこれ01065

Cities: Skylinesでで可視化される地下鉄を外部から見たものです。駅に出入りする車両の視点を使うとこの様な画像を見ることができます。
上方左右はホームに向かう地下通路です。あまり流行っていない駅なので人が少なくて残念ですが、左側には人も歩いています。下からの床の表示は設定されていないので空中歩行の絵になります。
このアセットを作った人は大変な作業量だったろうと想像しますが、このゲームはそういう人たちが支えているのでしょうね。


2024.06.05

あれこれ01064

Cities: Skylinesで見られる摩訶不思議な場面です。変なもの好きな性分ですのでついついこんな場面で遊んでしまいます。
地下鉄駅構内の視点ですが、なぜか右側ホームの天井が表示されていません。地表は上からの視線だけで下からは表視されないので外部がもろに見える景観になっています。
ゲームの世界ならですが現実にもこんな駅があったら楽しいななどと妄想が起きてしまいます。


2024.05.30

あれこれ01063

Cities: Skylinesの地下鉄の構内の画像はバニラでは表示されないのですが、有志の作ったアセットの一部に表示されるのもあります。地下鉄に乗り込もうとしている乗客を捕まえて、視点モードにすると乗客視点の動画になるわけです。
これは、ホーム端の階段を降りてるところですね。混雑している様子がうかがわれます。これだけの人が車で来たら渋滞間違いなしと言ったところでしょうか。


2024.05.25

あれこれ01062

Cities: Skylinesからの一コマで、地下鉄駅前のバス停です。
交通渋滞の予防策の一つが公共交通機関の設置ですが、地下鉄とバスの組み合わせは上手くいくととても強力です。
この例ではうまく行きすぎてバスを待つ人で溢れてしまいました。バスの台数を増やして対応しますが限度がありますので解消しないこともあります。その場合に連結式のバスがあるのが心強いですね。なんとかさばけました。


2024.05.20

あれこれ01061

真鶴半島のお林は楠と黒松の巨木が群生して有名でも歩いていくのはシンドイ距離でなかなかいけませんが、我が家から往復2時間コースで森の中にさ迷いこんでしまったと言えるようなところもあります。
こんな巨木が見れると心が動きます。


2024.05.15

あれこれ01060

Cities: Skylinesからの一コマです。
街が大きくなるにしたがって人も車もたくさん動き回ります。人はともかく車が交差点を渡り切れなくなると、どんどん溜まりだして付近一帯が大渋滞になり身動きできなくなりますが、簡単な解決法に、人を地下道で渡すのがあります。この画像はその実例です。
地下道を渡っている人の視線での画像で、地面は見上げると表示されない仕様でシュールな世界が出現します。このゲームの楽しいところですね。


2024.05.10

あれこれ01059

40年前の雲を被った八ヶ岳なのはスケッチの日付と場所の記載で明確です。ほんのちょっとした書き込みでも記録として大事ですね。日記の代りにもなりますし。
日野春駅前の志満屋は絵描きの宿として有名で、我が美術部も、忘年写生会と称してよく利用していました。この場所は、谷あいの奥に八ヶ岳がそびえている構図で素晴らしいのですが、駅の少し先から横に入って川筋に降りないといけなくて教えてもらわないと探せない様なところです。川上尉平先生は神様の宿る場所を見つけ出せると絵の半分はできていると言われましたが、絵描きはそんな場所を求めて歩き回らないといけないのです。


2024.05.05

あれこれ01058

ほぼ二十年前の真鶴港ですね。つい最近のような気がするのは年取った証拠でしょうか。景色はそれほど変わっていませんが、港を出てすぐに波除の堤防ができました。船の出入りにはやや邪魔でしょうが波を抑えるのに必要だったみたいです。
絵だと無粋なものがあるなという風情で描きたい気にはなれませんが。


2024.04.30

あれこれ01057

若い頃から壮年時代まで仲間たちと夏冬の写生会をしていました。今はすたれて集団で絵を描きに行くなどはなくなっているどころか、写生をするのもすたれているようです。アニメが世を席巻しているせいかなと思いますが。
画像は房総の写生会でのもので、30年以上前だと思います。手前に海岸を入れて犬吠埼灯台を描いた油絵をよく見ましたね。人気スポットだったわけです。


2024.04.25

あれこれ01056

開催中の新作家春季展の出品作品です。和紙に墨と代赭に白絵の具です。
コロナ前に上野駅前で撮った写真からです。群衆の中の一組の親子で、フィリッピンとか東南アジアの人だと思います。何故かわかりませんが日本を訪れる外国人に興味をひかれて、ここのところ連作になっています。 暗い話題が多い今日この頃ですが、この様な人たちを見ると暖かな気持ちになれますね。


2024.04.20

あれこれ01055

cites skylinesにはアセットエディタがあり、既存のプロップを組み合わせて独自のものを作れます。使ってみたくなりますよね。と言うことで、階段や壁、床などのプロップがあるので、これらを使って地下道への出入り口の作成に励みました。
苦心惨憺たるものがありましたが、なんとか床面や階段面を歩いているように見えるようになって、やれやれれといった気分です。


2024.04.15

あれこれ01054

雨がちだったり、寒暖が目まぐるしく変わったりして妙な気分ですが、やっと春になったという今日この頃ですね。桜の開花も遅れましたがその分長持ちしているようです。
家から湯河原の夢公園までの登り道が散歩に快適で最近よく歩くようになっています。ここは元はミカンがびっしり植えられていたと思いますが今は草原状態で開けて晴れ晴れしい気持ちにもなりますが少し悲しい気も起きるのもあって複雑な気分です。
でも、この桜の巨木で救われますね。見とれてしまいます。


2024.04.10

あれこれ01053

MWS珪藻標本・津波堆積物(宮城野区)で見られた不思議なモノです。
明視野では色のない世界なのですが、まれには赤とか緑とかがでるようです。正体不明君ですが、青緑色の塊が視野に入ってきたときは「オオ!」となりました。


2024.04.05

あれこれ01052

MWS珪藻標本・津波堆積物(宮城野区)は混沌の世界で、この様なモノも見られました。
金魚鉢の藻をすくって見たときに気持ちの悪いものがまれにあって、細長いものがクネクネと動いているのはギョとしますが線虫です。画像の奴は短いのが気になるのですがどう見ても頭は線虫です。蛇もそうですが細長くてくねくね動くものは気持ち悪いのはなぜか知りたいところですね。


2024.03.30

あれこれ01051

MWS珪藻標本・津波堆積物(宮城野区)でも前回のタラシオシラはありました。堆積物の標本なのでゴチャゴチャしています。土に埋もれて壊れたりして残骸を見ている感が半端ではないです。
これも破片ですが内部は汚れていないと思います。理由はわかりませんが、ひときわ綺麗さが目立った気がしました。


2024.03.25

あれこれ01050

MWS珪藻プレパラートARK-01(干潟)から、タラシオシラみたいです。破片で、本体は丸くてシャーレ状のものです。
六角形の骨格に周辺に穴あきの薄い板が掛かっているという風に見えます。しかし、それだけではなくて見えない小穴も沢山あいているはずなのですが、全く見えませんね。それが写れば誇らしいのですが。


2024.03.20

あれこれ01049

原生動物の世界は摩訶不思議です。

左上の丸くて棘がでているのはハルテリアと言うみたいですが大量に居て飛び回っています。しかも一瞬に跳ねる動きもあり目視ではどんな姿かわからないという奴です。ぼんやりとした丸がいくつか見えているのもこいつです。

中央のはネズミワムシらしいですが、口を塊の中に突っ込んで、せわしなく動いています。これは体の内部も見えて伸縮運動をしているので食事中かなと思いました。


2024.03.15

あれこれ01048

イタチムシを動画で撮影したものです。暗視野で撮ると立体感もでますし、しかも動いているのでなんとも言われぬ魅力がありました。

この試料は原生動物がチラホラいて、小型のものは数多くいました。ここにも結構いますが動きが早いので形はわからなくて光の集まりにしかすぎません。

白黒の境は、空気と水の堺です。種を明かせばなんということもないですが、この絵柄だけを見ていると不思議な世界に迷い込んだような気がしました。


2024.03.10

あれこれ01047

プラスチックの池に金魚を飼っているのですが、側壁に藻がびっしりついています。それを少しとって顕微鏡で観察したものです。
試料は密になっていてほぐせどもほぐせずで、固まっているので何が何だかよくわからない絵柄です。その中でひときわ目立ったのがこのミカヅキモでした。
ミカヅキモの回りに珪藻がちらほら見えていて、葉緑体が見えるのでこれは生きていますね。ほぐして水だけになっているところに殻だけのもかなりありました。藻の中にとじこめられていたのでしょうか。


2024.03.05

あれこれ01046

金魚鉢についた藻をすくって顕微鏡で観察したものです。イタチムシと言うらしいです。元気よく泳ぎまわっていました。生き物のいる水の中は微小な生物で溢れかえっているのが顕微鏡で見るとよくわかります。
ウィキペディアでは、「イタチムシ目は、富栄養の浅い水域の水草の表面や沈殿物の間などではごく普通に見られる。。イタチムシは、腹毛動物門イタチムシ目に属するものの総称、またはこれに属する種Chaetonotus nodicaususの和名である。日本では3科8属45種」です。微妙に違うのが沢山いるんですね。


2024.03.01

あれこれ01045

真鶴道路旧道名物急ブレーキ跡です。引っ越したころに比べると道幅の広くなったところが増えて、随分走りやすくなっているのですが、そうで無いところもままあります。しかも、カーブのところが多いのが辛いところですね。
ダンプが走っていなければこんな跡を残すことはまあないと思いますが、石切り場があり、その跡に残土が運び込まれるのでかなりの台数が常時走っています。一方、観光道路の裏道でもあるのでマナーを心得ない乗用車もまれには通るのでしょう。結果、同じところに消えては現れることが繰り返されるようです。


2024.02.25

あれこれ01044

MSWのJシリーズから、アラクノイディスクス(クモノスケイソウ)です。大型の立派な珪藻で、中心が窪んでいるのと複雑な構造とでピントを変えていくと絵柄もどんどん変化します。
ここだ!となかなか判断できないので何枚も撮って悩むことになります。光学顕微鏡ならではの悩みでしょうね。
表面を見ているようなところを選んだのですが、中心部がボケているのでピントの合っているのを切り抜いて貼り付けています。


2024.02.20

あれこれ01043

前回の続きです。系統ネットワークという手法で、ミトコンドリアDNAハプログループ頻度のデータから47都道府県の関係を示したのがこの図だそうで、このネットワークでは、日本列島中央軸の都道府県の多くが文字通り中央部に位置している、また沖縄県からみると、大分県を除く九州の県が近い位置にある。と解説されています。日本列島中央部と周辺部分の違いを導き出したデータだというのは理解できます。中央部の細長いのとか、離れる方向が八方に広がっているのは何故なのか、深い読み方があるのでしょうが、こんなことをやっているよ的な入口の本なので、そこまでは書いてありませんが、注記に目が行きますね。英文の論文を読んでね。ということでしょうか。


2024.02.15

あれこれ01042

斎藤成也監修・著「ゲノムでたどる日本列島」東京書籍を読みました。そこに出ていた図です。近年、ゲノムの解析が進み日本人の大量に集積したデータを用いてヤポネシアの形成モデルを提唱した。とあります。日本と呼称したのは天武天皇時代なので、それ以前は日本人と言わずヤポネシアと言おうということらしいです。
日本人は旧石器時代に渡来した縄文人と弥生時代に渡来した弥生人との混血で、沖縄とアイヌは縄文人の血が濃いと思っているのですが、この本によるともっと細かくなっていて、本州のヤマト人は中央軸と周辺部分の人に違いが見つかったそうです。後期縄文時代に第二の渡来民(漁労を生業の中心とした狩猟採集民)が来て南西日本で混血、弥生時代に第二波と遺伝的に近い第三波の渡来民(農耕民)が渡来し混血、中央軸が第三波の渡来人の血が濃いそうです。
古事記の出雲の国譲りや、神武東征が、なるほどとうなずける説ですね。


2024.02.10

あれこれ01041

真鶴の東にある浅間山という尾根筋から写したものです。標高100メートルぐらいで広々として気持ち良いところです。
中央が初島、右が伊豆半島で、左のこんもりとしたのが真鶴半島です。真鶴半島は鬱蒼とした大木が生えているので緑の塊です。初島の右上に利島や神津島も見えているのですが、この写真では見つけられませんね。大島や利島は遠くにあるイメージですが意外と近くに見えます。丸木舟でもすぐに行けそうな錯覚を起こします。


2024.02.05

あれこれ01040

真鶴と言いたいところですが湯河原ですね。中央の小島は初島、その左にわずかに見えるか見えないかのが大島です。右は伊豆半島です。3日の午後に散歩に出かけて撮影したものです。
去年の暮れに腰が痛みだし寝付いてしまいました。血液検査などして異常なし、お医者さんに家の前は坂ですかと聞かれ散歩を勧められました。運動不足が原因だったようです。大分前ですが犬と盛んに散歩して地形は頭に入っています。昔を懐かしみながら散歩の再開です。
この辺りはミカン畑だったところです。名残の木が実を付けていますね。転居した頃も残りわずかだった記憶ですが、今はほとんど残っていないようです。山は手入れが行き届かなくなって荒れている感じがします。悲しいですね。


2024.01.30

あれこれ01039

昔語りが続きます。1979年11月発行の「職員文化」の表紙に使ってもらえた絵です。
表紙の言葉として「黒い小さい画面に、赤く、白く花が咲いている。目をすっと離すと、夕暮れの森の中、神々に守護されたヴィナスが輝いている。ー ボッチィチェリ・春の祭典 ー である。
部分をとっても、大きく見ても独立した存在でありながら、たがいに引きあう緊迫した絵を描きたい。この作品は、小さいものだが、画面をこえても絵があるつもりで描いた。」
などと、生意気なことを書いています。


2024.01.25

あれこれ01038

上の絵は1974年8月24日の日付があります。半世紀も前ですね。この年に職場に美術部があるのに気づき入部しました。すぐに3泊4日の夏合宿で勝手も分からず水彩画の用意をして参加、描いたものです。半分は遊びのつもりで宿に着きましたが、先輩達は着くなり思い思いの写生場所を求めて散り、油絵をゴリゴリ描き始めたのを見て仰天しました。ガチの写生会だったのです。
初日の夜は宴会で芸達者な人が多くてさらにビックリさせられましたが、宴会はその日だけで。2,3日目は夜食がすむと部屋の片側に絵がずらりと並べられて延々と続く批評会です。
廃船の絵は初めの批評会に出して、誉められた記憶です。ただ廃船を描くのはよろしくないような発言があって変な気分になったのを覚えています。そのせいか翌日は港を描いたのですが、不満足なものになり、批評会に出すのはやめようとも思いましたが、批評を聞いてみたい気もあって出しました。講師の方が何人かいらっして酷評はされないまま、最後に川上尉平先生が「これには絵の要素が何もない。よく考えなくてはいけない。」と発言され、会場がシーンとなりました。辛かったものの、それ以上にこんな絵を描いてはいけないと骨身に染み、ありがたく思いました。私の恩師、尉平先生の思い出です。


2024.01.20

あれこれ01037

所属している公募展の会員で紙工芸もされている人がいます。年賀状がその作品の一つで干支にちなんだものが届いていて組み立てました。
まずは一枚に切り抜きますが細かいので大変です。ついで、山折り、谷折りの指示線を先のつぶれた用具で凹みを付け折りやすくします。最後に糊代を番号順に接着していきますとご覧のような龍が出来上がりました。
2時間もあればできますが、隙間なく、切残しの白もなく綺麗に組み立てるのは大変です。それでも楽しい作業ですね。この可愛らしい立体をワンピースの平面に展開するのは素人には無理、プロの仕事だと感心します。


2024.01.15

あれこれ01036

寺内正道雪風駆逐艦長です。雪風は激しい戦闘を生き残った幸運艦です。大和の沖縄特攻に参加、寺内艦長の神がかりともいえる操艦で被弾することなく帰還しています。航海長の回想に「艦橋の天井の小さなハッチを開きそこから猪首を出し、敵機を見ながら指揮をとられた。」とあります。押し寄せる急降下爆撃機を手に持った三角定規で直進を確認、絶妙の刻で転舵の指示を出し艦を自在にあやつっていたそうです。

年末に、「ゴジラ-1.0」を見ました。舞台は戦後間もなくの日本です。第一作より昔の設定でゴジラ退治は米軍や日本政府はわれ関せず状態で、民間の有志が旧軍の兵器で立ち向かうという仰天物の設定でした。
小笠原で、掃海艇が機関銃と機雷で立ち向かいますが、危機一髪で駆け付けた重巡高雄の20cm砲弾が炸裂といった調子です。 東京で大暴れして海底に潜み、再攻撃してきたところを駆逐艦雪風以下4隻と戦闘機震電で退治するのですが、雪風の艦長役の人がこの肖像画によく似ていました。


2024.01.10

あれこれ01035

アブラムシの一年は、ずんぐりした幼虫状のものや、翅のある成虫状のものなどいくつかあり、多くが単為生殖で有性生殖で卵を産むのは一回だけだそうです。複雑ですけど、胎生の単為生殖を何回かしてどんどん数を増やす仕組みを生み出したのでしょうね。
写真は卵から孵った第一世代が単為生殖で産んだ第二世代の幼虫のようです。4回脱皮して翅のある成虫になるそうです。何回目かわかりませんが丁度脱皮したところですね。


2024.01.05

あれこれ01034

部分模写した、李成の「茂林遠岫図」を今年の年賀状にしました。原画の大きさは1660mm x 550 mmらしいです。横長の大作で模写した部分は右側の導入部から山岳地帯に入り込んだ処です。

切り立った断崖に滝が落ち、その流れの下流を旅人達が徒渉しています。

滝の奥に連綿と山岳が重なり、山中には楼閣があり、険しい中にも人の気配は濃厚です。

中国人は人を拒絶するような山岳地帯をもこよなく愛しているのかなとも思います。古い時代の山水画をみているとそんな思いにとらわれます。


過去のあれこれは下線のある番号から
      01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 最新